宮古島旅行でお金はどれくらい必要?ATMやカードの利用について




旅行に来たら必要なのがお金。宮古島では現金はどれくらい使うのか、クレジットカードは使えるのか?お金は下ろせるのだろうか、というお金にまつわる不安をここで解消しておきませんか?宮古島での現金とカードは両方持っておいた方が、宮古島では断然安心ですよ!!

現地に来てお金が足りない!なんてことになったら大変です

旅行というのは、なんだかんだお金がかかるものですよね。
現金を持って来たつもりでも、意外とすぐに使ってしまったり、カードが使えないお店が多かったり。

でも、海に行ったりすることを考えるとあまり余計な現金は持ち歩きたいないものです。 宮古島旅行では、どれくらいの現金が必要なのでしょう??

1日の食費の目安は?

平均的に見積もって、食費の1日における目安は5000円です。高級な店で食べる予定があったり、何を食べるかによっては1万以上必要かもしれません。

昼食は例えば宮古そばのセットを食べるなら1000円は必要。おしゃれなカフェ風レストランで食べるなら1500円は欲しいところです。ほとんど都会と変わりません。意外とランチはお金がかかるかなという印象です。

それに対して、夕食(飲み代)については居酒屋さんは結構安く済むことが多い。3時間くらい好き放題飲んで食べて、例えば6人で2万円だったことがあります。一人当たり3000円もあれば、かなり楽しめるのが宮古島の居酒屋さんです。とにかく安くて感動しました!

宮古島でスムージーやアイスクリームとかカフェ系に入るなら500円以上の出費は覚悟しておきましょう。もちろん安く済ませることもできますが、場所によります。

食費をクレジット払いできないのか?

ホテル代やレンタカー代は事前決済か、現地でクレジット払いする方が多いと思います。また、食費も結構かさむので、クレジットで払えるかどうかは大事なポイントです。

例えばレストランや居酒屋さんだったらクレジットが使えるところは多いです。それ以外の、地元密着系のレストランや食堂ではまずクレジットは使えません。

手数料もかかるし、クレジット機能を導入するほどまだ進んでいないのが現状です。

・タクシー代
・食堂やカフェ代
・海の家やマリンアクティビティ代

以上はカードが使えないケースが多いと考えてください。現金は一応用意しておきましょう。

スーパーではクレジットカードが使える?

宮古島にはサンエーという沖縄のスーパーと、イオンタウンにあるマックスバリュという大きなスーパーが2大巨頭として君臨しています。

これらはもちろん問題なくクレジットカードを使えるので、マイルを貯めている方は食品やお土産を買ってしまうのも手です。

でも、地元密着系の小さなスーパー、小売店、商店ではカードは使えません。観光気分で買い物にいってカードなんて出したらびっくりされてしまいます。現金、しかもできれば細かいのを用意しておくと良いでしょう。

お土産やさん、市場ではカードが使えるのか?

お土産やさんの例えば商店街にあるような個人商店のお店ではカードは使えないことが多いです。現金を用意しておく必要があります。

でも、島の駅みやこであれば1000円以上はカードが使用できます。あたらす市場もカード使用可能でした。また、既出のイオンタウンやサンエー、空港のお土産やさんであればカード支払い可能です。

以上、大体の場所ではクレジットカードが使えますが、地域に密着した地元商店やタクシー代は現金が基本です。

銀行ATMはあるのか?お金はどこで下ろす?

宮古島に来てお金が足りなくなったら、銀行でお金を下ろさなきゃなりませんね。 まずATMですが、唯一あるコンビニであるファミマのATMならば全国と同じ条件でお金を下ろすことができるので安心です。

ただし、都市銀系のATMはありません。三井住友、みずぼ、UFJなど・・・ありません。 銀行窓口とATMがあるのが、琉球銀行、沖縄銀行、海邦銀行ですが、都市銀のカードで下ろそうとすると手数料がもれなくかかります。手数料が200円以上はかかるので気をつけましょう。

逆に、ゆうちょ銀行は全国共通なので、口座を持っていると便利です。

宮古島の東側へ行くときは注意して

また、ATMのある場所も限られています。例えば、新城海岸、吉野海岸などの宮古島の東側方面に行くならば、事前におろしておく必要があります。海の家とかで遊ぶ方は気をつけてくださいね。 ちなみに、最後のファミマですという表示を掲げているのが、ファミリーマート 宮古鏡原店です。

ここより東に行く場合には、もうコンビニはありませんので、現金を確認しておいてくださいね!!

宮古島で使用するクレジットカードはどれがおすすめ?

宮古島のスーパーやお土産やさんなどでカードを使用する場合、基本的にVISA,Master,JCB,アメックスなどであれば使用することができます。ただし、店によってはどれかが使えないということもあるので、2社くらい持っておくと安心です。

また、旅行にはやっぱり航空会社系のカードがお得です。

私はANAカードを使用していますが、宮古島住人はJALカードを持っている方も多いように思います。 おそらく昔はANAが就航していなかったので、JALの方が人気があるのだと思います。

イオンタウンのマックスバリュで導入されているWAONカードは、JALカードとの互換性の方が高いので、お土産とかで利用する場合にはJALカードが良いでしょう。

今年すでに1万マイル以上貯めました

実際のところ、旅行の予約からお土産の買い物までJALカード で決済すれば、かなりのマイルが貯まります。宮古島旅行ともなればチケット代、ホテル代、レンタカー代、マリンアクティビティ代、お土産代、食費などもかさむので、カードで支払って、もれなくマイルをゲットした方が断然お得です!!

私自身は東京と宮古島を行ったり来たりする生活でマイルを貯めています。この半年で実際に15000マイル以上を貯めています。さらに入会特典もあったので、年末になれば1万マイル以上は自動的に加算されますから、今年だけで3万マイル以上貯まるのはかたいでしょう。

生活費を全てカード決済にすることで、入会特典なども入れて4ヶ月程度で1万マイル以上を貯めました。半年に1回は宮古島へのチケットがもらえるので、本当にクレジットカード生活に変えてよかったと思っています。

宮古島旅行でカードを使わないのはもったいない!

旅行の場合も航空チケットのマイルはもちろん、現地での出費もすべてカードにすれば、旅費もいれて全部で7万から10万円くらいはカード決済になりますよね。

カードの種類にもよりますが、通常カードならば200円で1マイルなので500マイル、JALゴールドカード ならば100円で1マイルになって1000マイルは確実に貯まります。

そこにフライトマイルなども加算されるので1500マイル以上は溜まるはずです。

ぜひ、旅行に行く際には航空会社系のクレジットカードを持っていくことをおすすめします。 または、マイルへの変換が高レートでできるようなクレジットカードを持っているとお得です。

 

新規入会で初搭乗時に入会搭乗ボーナスマイルをプレゼント!オンライン限定。
入会キャンペーン実施中!

まとめ

宮古島は現金が基本ではありますが、大きな出費の部分はクレジットカードを大抵の場合使うことができます。現金を大量に持って行って、置き忘れたり盗まれたり、海に落としたり・・なんてことがないようにクレジットカードも持っておくと安心です。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク