眺望抜群のカママ嶺公園は市民の憩いスポット!ドーナツ片手に行ってみよう




カママ嶺公園で市内を一望してみませんか??

宮古島は平坦な島で、なだらかな隆起はあっても、高い山というのはありません。

一番標高が高い場所は、自衛隊のある野原岳という場所で、それでもたったの115mです。

東京都庁ですら240mあるのですから、その半分程度しかないわけです。

久米島は310m、石垣島は525mありますが、宮古島は圧倒的に平らな島だといえます。

自衛隊のある場所には入れないわけで、市内を眺望できる場所というのは、限られています。

しかし、市内からすぐの場所、むしろ市内のど真ん中に、眺望スポットである「カママ嶺(みね)公園」があるのです。

カママ嶺公園はどこにある?

カママ嶺公園は、平良中心部から車なら3分とかからない場所にあります。
県立宮古病院のすぐ横に位置していて、近くには「島の駅みやこ」もある場所です。

市内からすぐの場所にあるのに、意外と通り過ぎてしまうような、目立たない存在でもあります。

が、しかし。 ここは絶好の眺望スポットでもあるのです!

カママ嶺の眺望は?

カママ嶺は名前の通り、嶺であり丘のようになっています。
急な坂が両側にあり、歩いて登ると息が切れてしまうような急勾配です。

芝生が広がり、頂上には子供が遊べるブランコなどの遊具もあります。
このブランコに乗ると、景色も一望できて、空に飛んでいくような感覚があるのだろうなあ、
と側から見ていて思っています。


あと、すぐに目にはいってくるのが、大きなシーサーの滑り台。

子供達が遊ぶ場所としてだけでなく、観光客もちらほら写真を撮ったりしている場所です。

そして、北側の奥の方まで進んでいくと、白い立法垂のような形をした建築物が見えてきます。

この白い建物の階段を登っていくと、驚きの光景が待っています。

市内を海も含めて、一望できる展望台になっているのです!

しかも、ベンチもあるので、のんびりすることもできますよ。

私のおすすめは、行く前に近くにあるニンギン商店でドーナツとコーヒーを買って行っていき展望台で一休みすること。

宮古島の心地よい風を感じながらだと、より一層美味しく味わうことができます。

あと、カママ嶺公園を私が気に入っているのは、猫がいっぱいいるためです。
飼われているわけではありませんが、とても人に懐いていて可愛いのです。

多くの地元の人がお世話をしてあげているようで、子供たちとも仲良く戯れている姿は微笑ましいです。

これも宮古島らしい姿だなあと感じます。

ぜひ、時間が許すならば、カママ嶺公園にも行ってみてくださいね。






スポンサーリンク
スポンサーリンク