パイナガマビーチって綺麗?地元の憩いの場、侮れない穴場スポット




平良市街に宿泊した場合に、一番近い海といえば、パイナガマビーチです。

たぶんほとんどの観光客が近くに宿泊していない限り、わざわざ泳ぎにくる場所ではありません。

なぜならば、ネットで見るパイナガマビーチはあまり綺麗ではないから。

しかも、港のすぐそばで、なんとなく汚そう・・・という印象があるのだと思います。

でも、実際に訪れてみると、意外なことに、全然綺麗じゃないですか!!!

東京の海、湘南の海を知っている者としては、こんなに綺麗ならば十分でしょ。というレベル

パイナガマビーチは意外と綺麗で侮れないのです

地元の島んちゅからすれば何でも無いビーチらしい

宮古島の人にしてみれば、海はもっと綺麗なもの、らしいです。

パイナガマで泳ぐ人は少なくて、だいたい地元の人は高野漁港のそばのビーチに行ったりしています。
それどころか、地元の人はほとんど海に入らない。

海はそこにあるもので、入らなきゃいけないものでは無いようなのです。
ぜいたくだなあ、と思います。

パイナガマビーチの良いところ

パイナガマビーチの良いところですが、目の前にファミマがあるということでしょう。

ファミマでコーヒーを買って、モジャのパンと一緒に食べる(モジャさんでコーヒーを買うと自転車で持ってこれないので)
というのがお決まりです。

 

暑い日には日よけになるベンチもあります。子供を遊ばせながら、親は日陰でのんびりということも可能です。

 

あと、パイナガマビーチには、海開きの4月から10月くらいまではクラゲ避けネットが張ってあります。

 

「ハブクラゲに注意!!!」みたいな看板とともにお酢が置いてあることにビビるのですが、基本的にはいません。
でも、ネットを超えてくることもゼロではないので、気を付けましょう。

パイナガマまでどうやって行くの?

パイナガマビーチに行くのは、市街地に宿泊していれば歩いて行くことも可能です。
西里商店街や、公設市場のあたりからならば、歩いて15分くらいで到着します。

車を運転して前浜ビーチ、砂山ビーチ、まで足を伸ばすのはちょっと面倒・・・という日に
気楽にサクッと行けて、ひと泳ぎできる感じのビーチです。

同じように普段使いに便利なビーチとしては、サンセットビーチもおすすめです。

 

長期滞在ならいつでも海に入るチャンスがある

長期滞在すると、海に行くスタンスもだいぶ変わります。天気に左右されず、いつでも海に入れるというのが
一番のメリットではないでしょうか。

 

ちなみに3月はほとんど海日和という日はありませんでした。
おそらく3日程度だったのでは??

海にガンガン入りたいというならば、4月からがおすすめですよ。
しかも、4月は一番航空券も安くて、ホテルも空いている時期だからお得なのだそうです。
国内航空券の購入は格安航空券センターで

4月の宮古島、狙い目ですよ。

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク