宮古島への飛行機はどれがお得?格安チケットを入手しよう




宮古島に旅行に行きたいけど、チケット代が高い・・・やっぱり那覇にしようかな。
と諦める前に、宮古島へのお得なチケットをもう少し調べてみませんか?

宮古島への航空チケットをお得にゲットして、念願の宮古島旅行を実現させましょう!!

宮古島に飛んでいる航空会社は?

まず、チケットを探す前に、どこの航空会社が宮古島に飛んでいるのか知る必要があります。

現時点(2017年7月現在)で、宮古島に就航している航空会社は、「日本航空(JAL,JTA)」と「全日空(ANA)」の二択です。

JTAというのは沖縄を管轄としている、日本トランスオーシャン航空のことで、JALと同じグループと思って大丈夫です。
JALのマイレージも溜まります。

格安航空会社LCCは就航していない

沖縄というと、ピーチ、スカイマーク、ソラシドエアなどの、LCCが就航しているので、安く行けそうな気がしますが、
残念ながら宮古島にはLCCは飛んでいません。

噂では将来的に下地島空港の方にLCCが入ってくるらしいのですが、それはエアアジアのような国際線だといわれています。
また、かつてはスカイマークが宮古島と那覇の間で飛んでいたのですが、現在は廃止されています。

島民たちはスカイマークに戻って来て欲しいと強く願っています。

JALとANAはどっちが安い?便数は?

時期やキャンペーンによって多少の変動はあるにせよ、だいたいJALもANAも同じくらいの値段です。
空いている時間を選んで、値段が安い方を選ぶのが良いと思います。


朝早い便と夜遅い便は値段が安くなるので狙い目です。

マイルを溜めている会社で選ぶ

あとはマイレージを溜めている会社で選ぶのも良いでしょう。
私はANAマイレージを溜めていますが、宮古島の人は昔はANAが入ってきていなかったせいかJALを溜めている人が多いように感じます。

東京ー宮古島間でも800マイル程度溜められます。(チケットの券種による)

JALマイレージは、イオン系列のスーパーでも溜まるので、宮古島では優遇されているかもしれませんね。

私は、宮古島にもある「ヤマダ電気」とも提携しているし、ANA推しですが・・

ちなみに、宮古島に就航しているANAボーイング787型は大きくてとてもかっこいいです。

 

早割、特割でゲットする

JALまたはANAの公式ページで早割などをチェックするというのは、王道で外せない方法だと思います。

ANAの場合、2ヶ月半前の予約ならは旅割75、1ヶ月前なら旅割28などがあります。

過去の経験では、一番安くて今までに東京ー宮古島の直行便を13000円程度で買えたことも。
通常は2万円はするので、かなり安くなりました。
直前の特割を活用したのですが、こまめにチェックしていると、急な空席が出たりして安くゲットできます。

スカイマークを利用して経由で行く

裏技ですが、東京から宮古島まで直行便や経由便を使うよりも、安く上げるにはスカイマークやピーチなどのLCCを使う方法もあります。

那覇までLCCで行って、那覇からはJALかANAに乗り換えるのです。

この方法ならばLCCのチケット代+ およそ7000円から1万円で購入できます。

直行便だと25,000円するところが、スカイマーク+ANAの組み合わせで16000円ほどで買えたので、1泊那覇で泊まっても同じ値段で行けちゃったりしますよ。

わたしも宮古島に帰るときに、一旦那覇で泊まって帰るときに活用しています。

スカイマークの予約はこちらから最安値をチェックしてくださいね。
SKYMARKAIRLINES

格安チケットを比較して購入する

JALとANAをそれぞれ比較して買うのも良いですが、他にも経由便などを使って賢く安く行く方法もあります。
でも、なかなか調べるのが大変・・・

そこで便利なのが、格安チケットを一括検索できるサイトです。
次のサイトは、国内航空券を一括で比較できておすすめです。

⇨ 格安航空券モール

比較すれば安いチケットがきっと見つかる!

宮古島行きのチケットは、沖縄本島に比べると割高なので、なかなか宮古島まで足を伸ばせない・・という方も多いのですが、調べてみると案外安く買えたりします。

チケット代で諦めてしまうのはもったいない。

宮古島の海の美しさは、本島とは比べ物になりません。

ぜひ、飛行機を早めに予約して、宮古島まで遊びに来てください。

 



スポンサーリンク
スポンサーリンク