【バンコク】レガシースイーツに宿泊!観光に便利なホテルのレビュー




バンコクには何度も行っているし、そこまでスペック高くなくていいけど「そこそこ」のホテルがいいかなーと思っていた時に、見つけたのが「レガシースイーツ」でした。

今回の旅の目的は、買い物と市場調査と、あとは現地でノマド生活だったので、コスト削減のため「コンラッド」「シャングリラ」といった大好きな高級ホテルはおあずけ。

現実的な値段と、まあまあのスペックを考えて選びました。

そこで今回は、プロンポンにある「レガシースイーツスクンビット バイ コンパス ホスピタリティ」(Legacy Suites)をご紹介します!

※ちなみに検索で「レガシー スイーツ スクンビット バイ コンパス ホスピタリティ」と「レガシースイーツ」として出てくるのも同じホテルです!!

バンコクで観光もしたいけど、買い物もしたい、とにかく便利な立地が良いって方にはココがおすすめです!

レガシースイーツはバンコクにある4つ星ホテル

レガシースイーツはちゃんと「4つ星」を獲得しているグレードの高いホテルです。

バンコクのこちら1つのホテルだけなので、大きなホテルチェーンとかではありませんが、特にそこはあまり気にしない方なら大丈夫だと思います。

何よりもこのホテルの魅力は便利すぎる立地です。

立地がよくて夜歩いていても特に怖いエリアではないので、朝から晩まで存分にバンコクを楽しめますよ!

レガシースイーツへはプロンポン・アソーク両方から徒歩10分

Googleでは「レガシースイート」ってなってますね。同じホテルです。笑

このホテルの右側には「プロンポン駅」、左側には「アソーク駅」があります。どちらにも歩いて10分程度の距離で、とにかく便利です。

プロンポン駅は「日本人街」とも言われるくらい、日本のものが溢れています。

タイに来てまで日本の要素なんていらない!って方は嫌かもですが、フジスーパーが近いのは便利です。

日本食の素材を買えばホテルの中で料理だってできてしまいます。

プロンポンにはおしゃれなファッションビルがあって、買い物も充実しています。お土産に適したある程度品質の高いタイ民芸品などを買うことができます。

EM Quatierは私がタイで最も気に入っているハイブランド系デパートです。建築を見るだけでも楽しいですよ。

プロンポンのデパートについては「プロンポンでお買い物。洋服に食品までなんでも買えて便利な日本人タウン」を読んで見てください。

また、左側に位置している「アソーク」に行けば、「Terminal 21」があります。

デパートほど高いものは買いたくないが、市場に行くのはちょっとしんどい・・という方にぴったりの「プチプラ」アイテムの揃うファッションビルです。

わたしは行ったことないですが、ゴーゴーバー(カウボーイ)とかも多いアソーク駅。

でも、レガシースイーツのある一帯は静かで安全な地域なのでご安心を。

レガシースイーツの客室 (スーペリアスタジオ)

宿泊したのは、このホテルの中では一番グレードが低い方になる「スーペリアスタジオ」です。スタンダードとかはないので、スーペリアでも下の方になります。

部屋の広さは39平米で、ちょっとバンコクにしては狭めではありますが、都内のホテルの同じグレード・価格と比べたら十分な広さと言えるのではないでしょうか。

部屋にはキッチンがあるので、買って来たものを温めて食べたり、ちょっと料理して食べることもできてしまいます。

ピョンと飛びたすタイプのトースター、レンジ、冷蔵庫があります。

2、3泊の旅行だけではなく、1週間以上の滞在にも便利ですね。

残念ながら洗濯機はこの部屋には付いていませんでした。

1部屋あたり1人でも2人でも8000〜宿泊することができます。この価格は時期によって変動するので、要確認です。

お風呂はバスタブ無しのシャワーブースのみ

他のグレードの部屋ではバスタブ付きもありますが、私が泊まった部屋にはバスタブはありませんでした。

住むのならば気になるポイントですが、旅行である上にここはタイ。バスタブがあっても多くの方は入らないのではないかと・・。

シャワーブースがあれば十分です。

水の出も問題なく、難なくシャワーは快適に浴びれましたよ。

仕事する時に使えるデスク+小さなダイニングテーブルあり

今回私は部屋でちょっと仕事もしたかったので、デスクがあるかどうかは大事なポイントでした。

泊まった部屋には、よくホテルにありがちなデスク用の広めの机(鏡台も兼ねている)がありました。

また、もう一つは食事をするために使える2人用のダイニングテーブル(喫茶店にあるような簡単なもの)、ソファーの前のコーヒーテーブル的なものがありました。

机がたくさんあるので、仕事の場所と食事の場所など分けて使えることができて便利でした。

もちろんWifiも無料で使えます。

プールで暑い時期ならばリゾート気分も味わえる

市街地にあるホテルだとプール無しということも多いバンコクですが、こちらのホテルにはちゃんと外にプールがあります。

こじんまりしていますが、暑いバンコクでクールダウンに入るのにはあると助かります。

ただし、ちょっとこじんまりしすぎていること、場所がフロントの目の前・・ということで私的にはあまり入りたい気持ちにはなりませんでした。

フィットネスジムもあるので、バンコク滞在中にありがちな運動不足も解消できます。

唯一残念だったのはワンパターンな朝食

 

部屋も特に値段の割には申し分なくスタッフも英語が通じて特に問題なかったのですが、唯一残念だったのが朝食です。

朝食はブッフェ形式で1つのレストランに決まっています。

席に着くとコーヒーか紅茶かと聞かれて、あとは自由に取り分けるスタイルです。

内容的には可もなく不可もなく。

他の高級ホテルの朝食で味をしめてしまっていると、ちょっと物足りない感は否めないかもしれません。

オムレツをその場で作ってくれたり、おかゆとパンの両方、タイ・洋食・中華もあるので、基本的なレベル以上ではあります。

 

なぜ私がちょっと不満に思ったかというと、毎日メニューがほとんど変わらなかったことです。

今回、延泊もしたので最終的に4泊してしまった私・・。最後の日は、見るまでもなく食べるものが想像できてしまうほど飽きてしまいました。

でも、普通に2、3泊するならば大丈夫だと思いますし、そもそも外で朝食を食べるという手もあります。朝食のことを理由にこのホテルを諦めるのはもったいないです。

 

もっとゴージャスに快適に過ごしたいならスイートへ

レガシースイートは価格が良心的なので、もしも低いグレードでは物足りないと感じる方は、アップグレードしてしまっても良いと思います。

「レガシースイート1ベッドルームスイートキングベッド(65平米)」とレベルの高い部屋であっても、1室は11000円〜とお得な価格設定です。

もちろん他の高級ホテルのようなラグジュアリー感は感じられにくいかもしれませんが、室内に入ってしまえば快適そのもの。

しかも、こちらの部屋ならば乾燥機付き洗濯機もついているので、長期滞在にも安心です。

料金もそこまで高くないので、まあまあ良いホテルで快適に過ごしたい、買い物や観光へのアクセスが大事という方はぜひ泊まってみてはいかがでしょうか。

さいごに

今回はタイで観光と買い物、さらには部屋で仕事もしたいという希望があったので、程よいグレードでとにかく立地が良いホテルということで、レガシースイーツに泊まりました。

このホテルに泊まったからこそ、行きたい場所にもスムーズに行けて、食事も買い物も朝から晩まで十分に満喫することができました。

次また行く時には泊まってもいいかなと思います。

プロンポン、アソークあたりで、泊まりやすいホテルを探している方は、ぜひレガシースイーツに泊まってみてくださいね。

日本語の公式ホームページ:https://www.legacybangkok.com/ja/rooms.php

スポンサーリンク
スポンサーリンク