【プルンチット駅周辺】コンラッドホテルバンコクの宿泊と朝食レビュー




バンコクに宿泊するときには、日本国内よりも安く泊まれる高級ホテルに泊まりたいけど、たくさんホテルがありすぎてわからない!!という方も多いのではないでしょうか?

今回、私が宿泊してきたのは世界的にも有名なホテルチェーンであるコンラッド。

バンコクの数あるホテルの中で、コンラッドホテルバンコクを選んで、実際に宿泊しました。ホテルの立地条件や快適さ、朝食のレビューなどぜひ参考にしてください。

 

ホテルの設備はラグジュアリーでサービスもいい

 

 

ホテルを選ぶとき、まずは大事にしたいのが、安心できる心地いい空間かどうかということではないでしょうか。そこにプラス高級感、贅沢さ、非日常などの要素があります。コンラッドバンコクはどんなホテルなのかご紹介します。

ホテルの内装は落ち着いたシックな雰囲気

ホテルの外観はそれほど特徴的な見た目ではありませんが、エンパイヤステートビルとか都庁とかそんな雰囲気の近代的な建物です。

コンラッドの入り口は少し奥にあり、中に入ると一気に照明の落ち着いた、ちょっと大人な雰囲気の内装となります。タイのホテルは過度に金ピカだったりすることもありますが、コンラッドは落ち着いた印象。

そして客室は、シルクと天然木を使ったタイらしさを感じる美しい部屋になっています。

日本のコンラッドも同様ですが、バスルームがガラス張りになっているのが特徴!

お風呂につかりながら、バンコクの夜景を望むことができるのです。

 

 

 

 

(見せるのが恥ずかしい方と同室の場合にもきちんとブラインドをつけられるのでご安心を)

日本人スタッフがいる安心感

バンコクでは日本語が通じるところは少なくありません。でもタイ人の話す日本語では、どうにも理解できないということも少なくないのです。(かなりこれは苦労しますし、わからないと言いづらいので問題なんですよね)

でもコンラッドには、日本人スタッフがいるため、さらに安心感が違います。

タイに在住が長い日本人だともう感覚がだいぶずれてしまっていることも多いのですが、

コンラッド バンコク にいた日本人の方は、日本のホテルマンとしても遜色ないグレードです。

周辺のことやタイのことなど色々と聞きたいことを話してくれたりして、かなりお世話になってしまいました。

タイ旅行が初めての方、英語が苦手という方には、日本人が駐在しているホテルはかなり貴重です。

コンラッドバンコクの立地とアクセスの良さ

バンコクのホテルを選ぶときに気をつけたいのは立地です。バンコクは便利そうに見えて、少し駅から離れると急に不便になることも多いのです。立地的な面から見て、コンラッドは便利でおすすめです。立地とアクセスについてご紹介します。

コンラッドバンコクはプルンチット駅が最寄り

まずコンラッドバンコクがどこにあるか?ということですが、プルンチットというBTSの駅から徒歩7分くらいの場所にあります。

 

プルンチット駅とは・・
大使館や欧米系の駐在員が多く住む高級コンドミニアム・サービスアパートが立ち並ぶ高級感溢れるエリア。 

東京でいうところの港区青山あたりのイメージでしょうか。(街はそこまで綺麗とは言い難い部分もありますが)

駅前には、セントラルエンバシーという高級デパートもあります。

会社も多くて、コンラッドバンコクが入っているビルにも会社が入居しているようです。

高層ビルの一部にコンラッドバンコクがあります。

隣にはスーパーやフードコートがある

この周辺には飲食店も多くあるのですが、一番便利だと思ったのは、隣にスーパーやフードコートがある「All Seasons Place」というモールがあること。

よく日本の高級ホテルにも地下や1階にハイブランドのブティックや宝飾店、飲食店が入っていることってありますよね。それと似たような雰囲気のショッピングモールです。

いわゆる派手さや気軽さはあまり無いものの、ホテル滞在で使うには十分な使い勝手です。

中にはTopsという外資系スーパーが入っていて、ちょっとしたお弁当やパンなども買えます。

お土産も空いている店内でゆっくり選べていいですよ。

あと、隣にあるフードコートが使えます!!

パッタイやカオニャオマムアン(マンゴのココナッツミルク添え)とか、屋台と同じ40-50バーツ程度で味わうことができてしまいます。

テーブルや設備は綺麗とは言い難いところもありますが、持ち帰ってホテルで食べてもよし!

持ち帰るときはTake awayといえばだいたい伝わります。

セントラルエンバシーまで徒歩圏内

バンコクに来たらやっぱりお買い物です。コンラッド バンコク のあるプルンチット駅は周辺のチットロムやアソークなどと比べるとショッピングできる場所は少なめです。

でもプルンチット駅は「質の高い」お買い物ができる場所として、私は結構気に入っています。

駅前にあるセントラルエンバシーは、建物そのものが流線型になっていて、ハイブランド系が集結しているファッションビルです。最近では、サイアムなどに新しいファッションビルができてしまい、ちょっと存在に陰りが見えますが、だからこそ穴場なんです!!

いつも人は少なくて静かだし、スタバもあるし、地下にはイータイもあるし。

他の街のゴミゴミを感じずに、静かに良いお買い物をすることができるのでおすすめです。

朝食は可もなく不可もなくで出張サラリーマン向き

ただ一つ残念なことをあげるならば、朝食です。朝食を重要視している方にはコンラッドバンコクはおすすめできません。ちょっと食べるだけでいいよという方にはおすすめと言えます。

朝食を食べる場所は完全に屋内のみ

 

 

なぜコンラッドの朝食が残念だったかというと、ホテルの2階にあるレストラン内でわりとこじんまりとした雰囲気だっということです。

私のお気に入りであるシャングリラホテルの場合は、屋外のプールで優雅な気持ちで食べられてとても気持ちがよかったのですが、コンラッドは完全に食事するのみ、といった雰囲気。

シャングリラホテルの宿泊滞在記はこちらです。

空間的にもそれほど広くないので、開放感や高級感があと少し足りないといった印象でした。

メニューの豊富さは標準的

メニューは最低限といった感じで、それほどのバリエーションはありません。

パン数種類、卵、ベーコン、フレッシュジュース、などの洋風の定番メニューはそろっています。

あとタイ風のおかゆなど、お米メニューも少しありました。

ただ2日も滞在すれば飽きてしまうかな、といった品数でした。

周辺にお店もあるので朝食無しでも良い

朝食については周辺や駅の方まで行けば食べられますし、ホテルで高いお金を払ってまで食べなくても良いのでは?と思います。たしかに屋内で全て済ませられる便利性はありますが、朝食を楽しみしていかれるとがっかりするかもしれません。

せっかくタイに来たのだから、朝から食事も楽しみたいという方はあえて朝食なしプランを選んでみても良いのではないでしょうか。その分ホテル代も抑えられます。その浮いたお金の分があれば、タイの1日分以上の食費になってしまうかもしれませんね。

まとめ:日本人向きの安心感高めの高級ホテル

コンラッドホテルはタイの中心エリアにあり、お買い物や観光の拠点としては申し分ないホテルです。

立地も駅から歩ける範囲で、周辺の環境も良好です。夜も人が多く歩いているので、外出しても怖くはありません。

そして日本人スタッフがいるというのがポイントが高いところです。初めてのタイ旅行、英語が不安という方にはぴったりだと思います。

ぜひあなたもコンラッドホテルバンコクに宿泊して、バンコク旅行を楽しいものにしてください。

コンラッド バンコクのご予約はこちら

スポンサーリンク
スポンサーリンク