宮古島に車なし旅行!どこまで可能か現地在住が教えます。




宮古島で旅行する時、沖縄は車必須っていうし、車がないと無理なんじゃない?って思う方が多いと思います。でも、車が無くても旅行はできますよ!

現地在住で車無し生活している私が、車無し旅行の方法を教えます!さらに、車を運転できない方におすすめのツアー会社も紹介します。車なしでも宮古島旅行を諦めなくても大丈夫です!

 

意外と大きい宮古島、車無しで平気?

宮古島はとても小さな島ですが、来てみると思っていたよりも案外大きいと感じます。

宮古島は1周すると、約100キロ。トライアスロンの時でこそ、自転車で周ることはありますが、普通に考えたらば車でないと移動できない大きさです。

そして、宮古島には定期的に本数の多い路線バスも、もちろん電車もありません。

都会に住んでいると信じられないことですが、車が運転できること前提なのです。

 

では、車がないと移動は無理なのか・・?旅行できないのか??

 

実を言うと、私は車無しで生活しています。

これは必ずしもおすすめはできませんけど、決して無理ではありません。

そして旅行の場合であったとしても、無理ではないと思います。

 

使う移動手段は

  • 自転車を借りる
  • 路線バスを使う
  • タクシーに乗る
  • 歩く

以上の4つを駆使するのです。私が住んで編み出した、車無し移動手段をお教えしましょう!

なお、車無し旅行で便利なホテルについてはこちらの記事で紹介しています。

自転車はどこで借りるか??

まず自転車を借りることが一番コスパ的には良いです。

でも、インターネットで調べてもほとんど情報がないと思います。自転車を借りるならば、西里通りの「前浜モーターズ」が見つけやすいでしょう。ママチャリならば1日1000円です。

他にもゲストハウスやホテルで貸してくれるところもあるようです。事前に確認してみましょう!

路線バスでどこまでいける?

宮古島には路線バスが走っています。方面がいくつかあり、池間島、伊良部島、来間島、上野方面、与那覇方面などがあります。

観光で乗るとしたら、池間島行き、伊良部島行き、与那覇方面(前浜)あたりは使えます。来間島には1日に1本しか行かないため、行っても帰ってこれません。笑

あと、地元の人は観光局の人ですら、バスのことを良く知りません。停留所もみんなだいたい知りません。事前にホームページなどで良く調べておきましょう。

私自身も前浜ビーチに行く時には、与那覇方面のバスにイオンタウン前から乗車して行きます。片道220円程度です。15分くらいで着きます。

停留所からはさらに1キロ近く歩くので、その覚悟があれば行けるでしょう。

伊良部島にも佐和田の浜の近くが終点です。終点から、佐和田の浜までは10分程度は歩きますが、行けないことはありません。ただし、下地島空港あたりまでは遠いので、さらにタクシーを呼ぶ必要があると思います。

 

 

タクシーは高くないか?

タクシーで観光するのは高くつくイメージがありますよね。小型タクシー貸切3時間でだいたい1万円くらいということです。高い・・・ですよね。

もしかしたら現地でタクシーのおじちゃんに値切れば、もっと安く乗れる可能性も?!

でも、短距離でスポット的に乗るならば、案外安く済みますよ icon-heart-o 

東京だと初乗りが410円、宮古島だと460円。初乗りだけみると、宮古島の方が高いように思いますね。

でも、東京は初乗り運賃は1キロまで、その後237mごとに80円かかります。

それに対して宮古島は1.2キロまで初乗り運賃 、375メートル毎に60円追加 になります。つまり、結果的には東京よりはタクシー代は安く上がります。

そもそも宮古島はそれほど広くないので、移動してもたかがしれているのです。

私は前浜ビーチのある東急リゾートからイオンタウン南までタクシーに乗ったことがありますが、1600円でした。バスならば220円なわけですけど、疲労と時間には代えられませんからね。

ただし、橋を渡って伊良部島などの離島まで行こうとすると、かなり予算がかかります。1万から2万は1日あたり必要です。

1日観光バスでお得なパッケージプランを活用する

車を運転したくない、または免許がなくて運転できない、でもタクシーも高くつきそうだし、歩く体力もない・・という方。

諦める必要はまだありません!

1日観光バス付きの楽チンでお得なパッケージプランがHISならば用意されています。

HISで旅行を予約した方限定ですが、普通は利用できない貸切のバスを使えるという特典。

あまり知られていないのですが、宮古島LeaLeaバスというHIS専用の観光バスがあるんです!これはかなり嬉しいです!

・バスガイドが同行してくれる

バスガイドさんが一緒に回ってガイドしてくれるので、まず道に迷うことはありません。車で自分たちで廻ると、ナビがあってもやっぱり道に迷ってしまいがちです。バスに乗ってれば連れて行ってくれるのだから、楽チンです。

若いカップルでも、ちょっと足腰に自信のない両親やおじいちゃんおばあちゃんと一緒に行く場合も、お友達同士でも、バスに乗ればいいだけだから、気楽に宮古島旅行ができておすすめ。

車に乗ってトラブルが起きたり、事故を起こしたり・・といった不安からも解消されますよ。

気楽にリラックスして、島を観光したい方にはおすすめのプランだといえます。

・伊良部大橋・池間大橋・来間大橋の宮古島三大大橋を制覇

いざ車を借りたとしても、伊良部大橋を渡るのは車に慣れてないとちょっと緊張するかと思います。

また、タクシーで周るのは時間もかかるし、タクシー代金も1万円では足りません。

地元のバスを使って渡ることはできますが、それぞれ路線が違うので、1日では周りきれません。

あまり綺麗なバスではないので景色を十分に楽しむことができないというデメリットも。

この貸切バスに乗れば、すべての橋をサクッと渡って制覇することができるのです。

1日ですべての島をレンタカーと同じように周遊するには、専用バスを使うのが一番お得で楽ちん!

詳しくは「宮古島旅行の予約におすすめの旅行会社!快適なツアーで旅しよう 」で紹介しています。

・宮古島の5つの島を効率周遊

宮古島は観光する場所がそう多くはありません。この1日観光バスを使えば、基本的に名所という名所は全て網羅できています。

宮古島本島、伊良部島、下地島、来間島、池間島の5つの島に行けます。

私は自転車で伊良部島まで渡りましたが、やはり疲れ果てて下地島までは到達できませんでした。

また、池間島までバスで行ったときも、それ以上奥までいく体力が残っていませんでした。

やっぱりこのようにバスで連れて行ってくれるのは、とにかく楽だし、確実です。

伊良部島の佐和田の浜、下地島空港、東平安名崎などの名所はもちろん巡ります。

絶対にレンタカーでないと行けないような場所に連れて行ってもらうことができて、思い残すことなく観光することができるでしょう。

他の旅行会社では使えない観光バスなので、車なし旅行を考えている方にはHISが断然おすすめです。

HISでの予約はこちらから

 

歩ける範囲はどれくらいか?

もともと良く歩いていた方なので、歩くことはあまり苦ではありません。

でもさすがに暑い時期は苦しいですけどね・・

宮古島で観光にきて、歩いている人をちらほらと見かけることがあります。

例えば、平良のホテル(ホテルアトールエメラルド、ラブニールあたり)から、伊良部大橋くらいまでならば、歩けなくはないと思います。

歩いて30分くらいでしょうか。もちろん伊良部大橋を全て歩いて渡ったらさらに3キロあるのでおすすめしません。

あと、有名な古謝そばも平良中心地のホテルからならば歩くことができる範囲でしょう。歩いて20分くらいで到着できます。

ただし、歩ける範囲というのはタクシーに乗っても1000円行かない程度で済んでしまいます。どちらを選ぶかは予算と体力次第で考えてみてくださいね。

どうしても無理な場合以外はレンタカーが基本

車なし旅行を勧めてきましたが、基本的にはどうしても車が運転できない人のためのお話。

普通に運転できるよという方、免許がある方は、ぜひ宮古島ではレンタカーを借りることをおすすめします。

結局、タクシーやバスを使っても時間やお金がかかります。効率的に旅行するならば車は必須!

しかも、宮古島の場合は、かなり道路事情が緩やかなので、運転に自信が無い方でも比較的怖くありません。

(ペーパードライバー10年以上の私ですら、一応運転できました)

宮古島は案外広いです。離島も橋で渡っていけるので、レンタカーも検討してみてくださいね。

宮古島のレンタカー検索はこちら

まとめ

他にもホテルまでは送迎を使ったり、例えばシギラリゾートだったらホテル内で全て用事が済んでしまうわけで、必ずしも移動しなくても良いかもしれません。

宮古島に来たら、あちこち動き回らないで、のんびりリラックスして過ごすというのも良いのではないでしょうか?

無理せず、車にもこだわらず、あなたらしい旅行をしてみませんか。

ぜひ、車なし旅行を計画しているならば、

宮古島旅行の予約におすすめの旅行会社!快適なツアーで旅しよう 」

車無し旅行で便利なホテルを探しているならば

宮古島で車無しならばどこに泊まる?アクセス便利なホテルとは 」

も参考にしてください。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク