宮古島で車がない人は宿泊場所が鍵を握る!移動に便利なホテルを紹介




宮古島で車無しで旅行しようと考えている方は、その泊まる場所がとても重要なカギを握っていると言っても過言ではありません。

泊まる場所が悪いと色々な場所に出にくくなり時間もお金もロスしてしまうからです。

そこで車が必須ともいわれる宮古島で車無しで旅する方におすすめのホテルをロケーションとともに紹介していきます。お得な宿泊情報についても確認してみてくださいね。

そもそも宮古島で車無しで大丈夫なの?

宮古島は電車がなく、バスもほとんど走っていません。そして竹富島のような小さな島と比べると、それほど小さくもないため、移動には車が必須だと言われています。

そんな評判はあることは知っていましたが、私は車無し旅行どころか車無し移住をしました。

結論からいえば、車無しでも十分に楽しめます。たしかに車があれば、それだけ行く場所は広がるし、気軽かもしれませんが、車無しもそれなりの楽しさがあります。

    • 車を運転するプレッシャーを感じなくてよい
    • 宮古島の潮風を感じられる
    • 島の人と触れ合える
    • コストが場合によっては少なくて済む
  •  

などのメリットを感じられます。

車なしでも上手に旅行する方法については次の記事で紹介しています。そちらも読んでみてくださいね。

車無しで宿泊するならどこのエリアがおすすめ?

宮古島といっても、案外広いです。島全体を回れば100kmあり、歩いて回ろうとかいうことは不可能です。

そもそも宮古島は季節に問わず、外を歩くのに適さない環境です。

夏は暑すぎる、冬は風が強すぎる、梅雨は湿気が強く雨がすごい・・といったように、散歩には適さない環境なのです。

だからこそ、レンタカーの方が断然ラクということは間違いありません。

でも車無しで旅行する!という方には次のエリアがおすすめです。

平良エリア

宮古島の北側に位置する平良は、宮古島の中心地となる場所です。市役所やフェリー埠頭など宮古島の大事な機能を担っている場所があります。

平良には「西里通り」という商店街があり、ここが一番の歓楽街になっています。

ホテルが最も集まっているのもこの平良になります。

 

平良に泊まるメリット
  • タクシーを呼びやすい、流しでも捕まえられる
  • バス停が近くにある
  • 食事に歩いて出ていける
  • 夜まで飲んでいても歩いて帰れる
  • ビーチ(パイナガマ)も近い
  • お土産やさんがたくさんある
  • 公設市場が近い
  • フェリー埠頭に近い

私が旅行者で、のんびり感よりもアクセス面を重視するならば、絶対に平良を選ぶでしょう。 この地域にいれば、とりあえず車がなくても不便はあまり感じません。

ただし、島っぽさ、のんびりした雰囲気などはあまり感じられないところがデメリットかもしれません。

 

平良エリアのオススメホテル

ホテルアトールエメラルド

こちらは宮古島でも歴史が比較的古く、平良では最もメジャーなホテルです。平良港に面しているので、海は目の前。

ホテルは宮古島の中では大きい方に入るのではないでしょうか。宴会場もあるので、よく宮古島では学会や催しものに使われているホテルです。

レストランやお土産やさん、プールなど施設も充実しています。

歩いてパイナガマビーチまで5分程度なので、海も楽しみたい方にもおすすめです。

若干古いので施設の古さは否めない部分はありますが、それでもまだ綺麗に保たれています。

ホテルアトールエメラルドの詳細はこちら

ホテルローカス

ローカス(LOCUS)は、2018年に開業したばかりのかなり新しいホテルです。平良のホテルアトールエメラルドの隣にあります。近代的な雰囲気のおしゃれな外観で、どちらかというと若い方向きかもしれません。

価格もリーズナブルで、オーシャンビューなのでこれから人気が出そうな穴場ホテルです。

もちろんパイナガマビーチまでは歩いて3分、ほぼ隣なので海水浴にも便利です。

前が葬儀会社ということがちょっとマイナスポイントですが、特に景観的には気にならない位置関係にあります。

ホテルローカスの詳細はこちら

ホテルライジングサン宮古島

平良の中心地からは少し外れて、このライジングサンは平良と与那覇湾の間にある「久貝」という地域にあるホテルです。でも大きなエリアわけとしては平良に含まれます。

このホテルの魅力は比較的新しい設備と、その立地の便利なところです。

イオンタウン南の目の前にあるため、ホテルから必要な食品やら日用品などを買いに行くのは一瞬です。

目の前には、焼肉、ラーメン、ほっともっと、吉野家など・・レストランもあるので困りません。

デメリットとしては景観的に海がちょっと遠いことでしょうか。上層階ならば海を部屋から見ることができるでしょう。

それでも幹線道路に面していてタクシーも捕まえやすく、「イオンタウン南」というバス停が目の前にあるため、前浜ビーチまでバスでいくことも可能です。

前浜までバスで行く方法はこちらを参考にしてください。

ホテルライジングサン宮古島の詳細はこちら

シギラエリアのホテル

平良はちょっとリラックス感が足りない、自然感がなさすぎる・・という方には、シギラエリアがおすすめです。

シギラが素晴らしいのは、その中で全て完結する!ということ。

シギラ内に滞在していれば、SUPやシュノーケルなどのビーチアクティビティ、ゴルフなどはもちろん、温泉・レストラン・プールなどなど、一通りの遊びが楽しめてしまいます。

シギラ内の移動には専用のカートもあるので足腰に自信がない方も安心です。

シギラには現在2018年4月で5つのホテルがあります。最もグレードが高いのは、シギラベイサイドスイートアラマンダ です。

ちょっとそれは豪華すぎるという方には、ホテルブリーズベイマリーナ がおすすめです。

また、コンドミニアムタイプならばウェルネスヴィラブリッサ も快適に過ごせます。こちらの宿泊施設については、こちらを参考にしてください。

まとめ

宮古島旅行に車はあった方が良いことは確かですが、車無しでも十分に楽しめます。車が運転できないからといって諦めている方は、今回紹介したようなホテルを選べば大丈夫です!

また、今回はホテルを単独でご紹介しましたが、本来ならばツアーで行った方が断然お得です!

ホテルと飛行機を別々にとるよりも、数万円安く上がることも。

ツアーで行かれる場合には、HISの宮古島ツアーがおすすめです。HISならば、ANAの直行便利用で、シギラリゾートにお得に宿泊することができます。

  • 滞在中レンタカー乗り放題
  • シギラリフト券付き
  • ガソリン満タン返し不要

などうれしい特典も付いてきます。(ただしプランによるためご確認ください)

詳しくはこちらの記事でも比較しています。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク