宮古島で海水浴できる時期はいつからいつまで?現地在住情報




宮古島に行くなら、やっぱり海水浴。でも、いくら暖かい宮古島とはいえど、海水浴が一年中できるわけではありません。宮古島で海に入れる時期について、私が住んで実体験した感覚を踏まえてお伝えしたいと思います!

宮古島で海水浴できる時期はいつから?

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

宮古島の海びらきは4月1日ごろです。

4月1日というと、まだまだ本州では肌寒い時期・・

でも、沖縄は3月をすぎると、日差しがだいぶ強くなってきます。日によってはだいぶ暑く感じることも。

じゃあ、海もザブンと行けるのでは?!と思うかもしれませんが、海水温がまだ低いので、

やっぱりまだまだ寒い・・・

正直、わたしは4月の海は 入れません。実際は5月のゴールデンウィークくらいからが、適温になってきます。海から上がってからはまだ少し寒いけれど、5月になれば海を水着で楽しめますよ。

梅雨に海は入れるのか

梅雨でも入れます。東京の梅雨とは違って、ずっと雨が降っているわけではないので、晴れた日は夏の海を感じることができます。すでにかなり暑くなっているので、寒くはありません。

ただし、空の青さは夏のまだ6割程度。

宮古島にきて初めて気がついたのですが、海の青さには空の青さがかなり影響します。

空がどんよりしていれば、海の色もいまいちになります。

 

梅雨の海は日によって差はあるものの、まだまだ十分に青くないと思います。

夏の海は快適?暑すぎ?

夏といえば、海!! 夏こそ海のシーズンですね。

でも、実は夏の宮古島の海には、思わぬ落とし穴があったりします。

というのは、暑すぎる!!!という事。

海にいくということは、水着になり、外にいるのですから、日差しや気温の影響をもろに受けてしまいますよね。

宮古島の日差しの強さは半端ではありません。

現地の方たちは、生まれてずっと宮古島で育っているので、肌が強いです。

もともとの肌色も少し浅黒い人が多く、日焼けで真っ黒にはなっても、真っ赤にはなりません。

同じようなノリで、標準的な肌色の人が一日中海にいようものならば、大火傷状態になります。

 

そして、海辺で寝そべってのんびりするにも、暑すぎます。パラソルがあって、風がある日ならまだしも、昼の正午ごろになると、どこにいても暑い!!

私たちはテントを浜辺に張っていましたが、中にいても暑かった・・夏場は1時間が限界でした。

でも、暑いですが、やっぱり海は綺麗です!!

最高にきれいな海を満喫したいならば、夏にいくべきと言えるでしょう。

秋の海は実は穴場・・

秋といっても、宮古島には紅葉の秋みたいなものはないのですが、だいたい9月から11月ごろが秋になります。

秋の沖縄といえば、台風・・・ 宮古島は近年台風があまり来ないといわれていますが、それでも2017年は大きな被害をもたらす台風がありました。

台風があるせいで、秋の沖縄はあまり人気がありません。

 

でも、実は少しだけ気温の下がる9月、10月は、海で遊ぶにはぴったりの時期でもあります。

暑すぎないので、ずっと外にいても、それほど苦しくはありません。

そして場所によってはクラゲに注意が必要ですが、例えば前浜ビーチには、ほとんどクラゲは来ないので、海に入ることを恐る必要はほとんどありません。(絶対来ないとは言い切れませんが)

 

航空チケットも安くなるので9月、10月に行くとお得ですよ!

宮古島に行くならHISのツアーがおすすめです

海はいつまで入れる??

10月の末ごろになると、だんだんと外気温も下がり、海水温も下がってきます。

暑い日は良いけれど、少し気温が低い日は寒いかもしれません。

私は11月頭まで入ったことがありますが、まず地元の人ははいりません!

観光客の場合は、そもそも寒いところからきているし、海に入る気合が入っているので、11月でも入れる方は入れるみたいですよ。

まあ、でもやっぱり、10月までがベストシーズンかな、と思います!

宮古島の海は5月から10月に行こう!

まとめると、海に入れるようになるのは5月ごろ、そして快適に入れるのは10月までが目安です。

個人差はあるものの、快適に入るならば、真夏を避けて来る方が体力の消耗は少ないかもしれません。

ベストシーズンを避けてくるのもあり。空いている海はとても快適で、プライベートビーチのようです。

いろいろな楽しみ方があるので、欲を言えば何度か宮古島に来るのが、一番いいと思います。

 

また、宮古島への旅行は航空券とホテルがセットになったツアーがおすすめです。

特に宮古島であればHISがお得です。詳しくはこちらの記事で紹介しています。

ぜひ、海のシーズンの宮古島に来て、本当に美しい海をご覧になってくださいね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク