宮古島のスーパーや市場でお土産を買おう!島のヘルシーなお土産5選

宮古島に来ると会社や友達へのお土産はどうしようと悩む方は多いかもしれません。

確かに宮古島って、沖縄本島と比べて定番のお土産っていうのが少ないかもしれませんね。

本島だったら、紅芋タルトとか、石垣島ならロイズ石垣島の黒糖チョコレートとか、
これぞというものが結構あるのですが、宮古島のお土産というと「????』となる人も少なくないでしょう。

宮古島のスーパーや市場でヘルシーなお土産を買おう!

これといった沖縄本島と差をつけたお土産がわからない、というあなた!

宮古島にもお土産はあります!!

まずは大定番なのが「雪塩シリーズ」

細かくて甘みのあるサラサラな「雪塩」は東京など宮古でなくても買えますが、
やっぱりご当地なだけに種類も豊富です。

雪塩を使ったお菓子もあって、空港でも買うことができますよ。

美味しくてパッケージも可愛くて、たしかにお土産にはぴったりだし、間違いはない。
でもちょっと高い・・・・。

そこで私が個人的な目線で選んだ、もっとお得で、喜ばれるお土産をご紹介します!!

宮古島の塩

宮古島というか、沖縄にはたくさんの種類の塩が売られています。

海水の中から誕生して進化した生物で、塩分無しには生きられません。

そもそも、悪い塩といわれるのは、大切なミネラルを失った精製塩です。真っ白でサラサラの塩は
確かに使いやすいかもしれませんが、舐めた時に強烈にしょっぱい。
もちろん不自然な形で塩分が入ってくるので、体にも負担になります。

おすすめは「海水」を天日干しして作った、「海塩」です。

「ぬちまーす」、「雪塩」などの王道も良いですが、せっかく宮古島にきたのだから、
ご当地でしか買えない塩を探してみてはどうでしょうか?

雪塩クッキングボトル 50g

雪塩クッキングボトル 50g

486円(11/20 08:33時点)
Amazonの情報を掲載しています

また、宮古島で珍しい塩といえば、七福塩です。

大神島は、神様である天照大神が初めてご降臨された場所ともいわれる、パワースポット。 その島で満月の日にとった海水から作られる塩には、特別なパワーがあると言われています。

沖縄大神島の、七福塩

沖縄大神島の、七福塩

Amazonの情報を掲載しています

ちなみに、西里通り商店街には塩の専門店「まーすーや」があり、沖縄から世界中の塩まで本当にたくさんの塩が売られていますよ。

塩屋(まーすやー)
住所:沖縄県宮古島市平良字西里240-6
TEL:0980-75-5011
URL:・http://www.ma-suya.net/

また、市場だったら、珍しい産地の塩も手に入りやすいです。
サンエーやイオンの塩コーナーでも十分なバリエーションがあります。しかも安い!

空港とかでお土産仕様になっているのを買うと高いけど、生活用のパッケージのを買うとお得だし珍しい塩をお土産にできますよ。

多良間島の黒糖

沖縄といえば、黒糖です。宮古島もサトウキビ畑で、砂糖がたくさん作られています。
きび砂糖もありますが、お土産にするならば黒糖がおすすめです。

でも黒糖なんて使わないよ、という人もいるかもしれませんが、そんな人にも多良間の黒糖だったらイケるかも?

多良間の黒糖の良いところ

  • それなりに整ったパッケージになっている
  • 黒糖の中でも柔らかく、食べやすい
  • 値段がお手頃
  • 多良間島ってどこ?そんな離島いったなんてスゴイ!とネタになる

実際に多良間島まで行く人は少ないと思いますが、宮古島から行くのが一番近い島であり、
なかなかまだ知名度も高くないので、お土産としては珍しがられることでしょう。

とにかく食べやすいので、ヘルシーなおやつとして健康志向な人にもぴったりです。

お土産屋さんはもちろんですが、「島の駅みやこ」や「サンエー」などの市場やスーパーでも買うことができます。

なんと東京では蔦屋書店のようなおしゃれスポットで売られていることもあって、びっくりしています。 パッケージもお土産むきなのでおすすめです!

市場やスーパーに行くと、野菜や果物の衝撃的な安さにびっくりする方も多いはずです。


私はとにかく物価の高いことで知られる東京でずっと生活していたので、宮古島にきて野菜が安すぎて、もうテンションが上がりまくりでした。いくらでもあるのに、買い占めたいと思ったほど・・・

でも、いくら安いとはいっても、持ち帰るのには限界があります。保冷、重さ、さらには島外への持ち出し禁止の問題など。

お土産に適した農産物

  • オクラ
  • ゴーヤ
  • 島バナナ
  • シークワーサーの果実
  • マンゴー

などがおすすめです。

オクラなんてどこでも買えるじゃん!と思うかもしれませんが、入っている量とコスパから買わずにはいられない主婦が多いそう。
だって100円で山盛り30本くらい入っているので、ついつい買いたくなってしまうのです。

特に生産が多い夏場がおすすめです。逆に冬場は出回りません。

また、島バナナが珍しいのでおすすめです。


ただし、ちょっと、いやかなり高い・・・一房で800円くらいすることも普通です。あと、気をつけて欲しいのが宮古島産だからといって島バナナとは限らないこと。
島バナナは「あたらす市場」「島の駅みやこ」などで「島バナナ」と書いてある商品を買いましょう。

また、6月以降はマンゴーも美味しい時期になります。宮古島はマンゴーの名産地です。
海外産のマンゴーとは違って赤みがあり、ジューシーで甘いのが特徴です。
買って帰るのは重いので郵送してもらうのも良いでしょう。

宮古みその製造元は砂山ビーチのすぐ側にあり、直売所もあります。
「宮古島でみそ?」と意外かもしれませんが、良く市場やスーパーにいくと見かけるのが赤い色をした「宮古みそ」です。

しっかりと本格的な製造法で作られた、本物のお味噌です。
関東の人には少し慣れない赤味噌寄りの味ですが、独特な風味がめずらしいので自分用のお土産におすすめです。

また、「かつおみそ」とか、「豚みそ」という加工品も、ご飯のお共にいいですよ。

スーパーに行くととにかく大量に売られているのが、もずく

宮古島はもずくの名産地です。

スーパーに行けば、生のもずくから、酢で味がつけられたパックまで売られていますが、冷蔵が必要です。

おすすめは冷蔵しなくても持ち帰れる、味付けや塩漬けのタイプです。
重かったら最後に空港で買うのもアリですが、やっぱりスーパーや市場で買ったほうが安いですよ。

宮古島産 塩もずく 500g (2パック)

宮古島産 塩もずく 500g (2パック)

2,000円(11/20 08:33時点)
Amazonの情報を掲載しています

もし買い忘れたらネット注文が便利

旅行を満喫しすぎて、ついついお土産を買い忘れてしまった・・・とか、荷物になるから諦めてしまった、という時に便利なのが、インターネットでのお土産宅配サービスです。

現地で、他人のお土産を買うのに時間を割くのはもったいないので、私は定番ものはネット注文を活用しています。沖縄の場合は到着までに4,5日かかってしまうこともありますが、知人には別便で送っているからといえば、問題なし!

紅芋タルト、雪塩ちんすこう、泡盛、マンゴージュースなどのかさばりやすい箱物や、重たい割れ物は、ネットで注文できるネットサービスがお得です。万が一の時にも保障されるので安心です。

お土産のネット注文はこちらから↓

JTPショッピング

三洋堂 沖縄のおみやげショップ

 

宮古島はヘルシーなお土産の宝庫

沖縄はサーターアンダーギー、スッパイマン、紅芋タルトとかの加工品をお土産に選ぶのも良いけれど、
体に良い素材、日常的な島の暮らしの一部を切り取ったようなお土産を選んでみては?

特に健康に気をつけているような人にはたっぷりの添加物が入ったお土産よりも、ここで紹介したようなナチュラルなお土産が喜ばれるはず。

もちろんジャンクなのもありです。紅芋タルトもサーターアンダーギーも美味しいし。
でも、私はあげる人にも食べて健康になってほしいから、なるべくヘルシーなお土産を選ぶようにしています。
宮古島には、手頃で体にいいお土産がいっぱいです。ぜひ自分用に、家族や友達用に買って帰ってみてくださいね。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

2 件のコメント

  • モリンガを検索していて、あなたの宮古島公設市場のモリンガに当たりました。試しに楽天で粉末を2個買いました。効果を楽しみにしています。なお私共夫婦は毎年冬に1月半ほど宮古島に滞在しています。来年も予約しました。モリンガ粉末が効果があれば来年は市場で買いたいと思っています。なおあなたの宮古島の色んな情報を読んでみたいと楽しみにしています。

  • ありがとうございます。モリンガのパウダーいかがでしたでしょうか。私も購入していますが、値段と見た目に反してたくさん入っていて、重宝しています。また、宮古島に来たら、ぜひ公設市場で買ってみてください。他にもモリンガ商品が増えて来ているかもしれません。