バンコクのコンドミニアムとサービスアパートメントの違い。選ぶならどれ?




いつかはしてみたかった、タイ移住。仕事のことをクリアにして、ついに実現することができました。

最初に住んだのはバンコク。そこでコンドミニアム生活を始めることにしたのです。実際に生活してみて、良かったこともたくさんあれば、困ったことも・・・。バンコクでコンドミニアム生活を始めようとしている方に、少しでもお役に立てばと思い、私の経験談をお話していきます。

そもそもタイのコンドミニアムとは?

タイには集合住宅の形態が大きく3つあります。

  • コンドミニアム
  • サービスアパートメント
  • アパート(日本のマンション)

コンドミニアムとは?

日本の場合は、賃貸マンションを借りるときは基本的に家具は付いていません。例えば、レオパレスのような家具付きマンションはありますが、ほんの一部にすぎませんよね。

しかし、タイの場合はコンドミニアムがかなり一般的です。特に短期滞在者ではなくとも、コンドミニアムを利用している場合も少なくありません。また、外国人だけでなくタイ人もコンドミニアムを賃貸マンションの感覚で利用します。

ちなみにタイの人はコンドミニアムのことを「コンド」「コンドー」と呼びます。

家具付きマンション、家事サービス無し=コンドミニアム

と思っておけば大丈夫です。

コンドミニアムが便利なのは、旅行先で家具を買う必要がないことです。
また、プールやジムなどの豪華設備が揃っていることも少なくありません。

わたしが滞在したのもコンドミニアムでした。

サービスアパートメントとは?

次に旅行者や長期滞在で使うことが多いのが、サービスアパートメントです。

むしろ家事をする時間がない単身赴任者や、ファミリーで転勤している場合でもサービスアパートメントを使っていることは少なくありません。

最初の頃、コンドミニアムとサービスアパートメントの違いがよくわからなかったのですが、違いは「家事サービスの有無」です!

家事サービスとは

  • 掃除
  • 洗濯(ランドリーサービスといってクリーニングをしてくれます)
  • 家事

などのことで、もはやホテルと同じような生活が送れることが魅力です。

ご飯こそ付きませんが、タイの場合は屋台やレストランでなんでもテイクアウトできるので、料理を作らなくても生きられます。

サービスアパートメントの方が、サービスが多い分、家賃は高くなります。

アパート

一般的なタイ人が住んでいることが多いのがアパートタイプです。とはいっても、タイでは日本よりも一人暮らしする人がまだ少ないので、日本ほど一般的ではないかもしれません。地方にいくほどアパートは見かけなくなります。

アパートの場合はとにかく家賃が安いです。家具も簡易的な物がついている場合はありますが、何もないこともあります。日本で賃貸を借りるのと同じです。

ただ、大きな違いとして注意したいのが、台所が無い、湯船が無いといった違いがあること。

タイでは料理しない家庭も多いため、アパートタイプではキッチンがないか、1台だけIHコンロがついている程度のこともザラです。

個人的な見解からいうと、日本人の感覚でタイのアパート生活はちょっときついかもしれません。

コンドミニアムの値段相場

価格が抑えられること、家事に入って欲しくないこと、家具は買いたくないことを考慮してコンドミニアムを選びました。

ちなみにコンドミニアムの価格にも幅があります。ただ、日本人がまあまあの心地よさで住むには、最低でも15000バーツは必要です。(5万円程度)

東京の家賃と比べれば同じまたはそれ以上のスペックがあっても半額程度ですが、地方の物件と比べるとむしろ割高になるかもしれません。

さらに高級プロパティの物件になれば、1ヶ月で100000バーツ(35万円)程するような物件もざらにあります!

多くのバンコク在住の外国人が海外の企業の駐在であるため、高い家賃に住んでも会社負担があるから大丈夫なんですね。

私の場合は特に駐在ではないので、現実的な家賃の場所を選びました。夫婦2人で、1ベッドルーム(日本の1LDKのようなレイアウト)それでも2万5000バーツは必要でした。

コンドミニアムに住んで良かったこと

コンドミニアムに住んでみて、良かったことはいくつかあります。

憧れていたタイ生活。その大きな理由の1つに、プール付きのマンションに住んでみたいという夢がありました。

私が住んだコンドにも最上階にプールとジムがあり、いつでも使うことができました。

タイに住んでみるとわかるのですが、ほとんど外を歩かなくなります。その一方で食べ物がそこらじゅうにあるため、太りやすい環境ともいえます。

運動しようと思っても、そう簡単に運動できるルンピニ公園やベンシャリ公園まで出られないので、コンドミニアムについているのはとてもありがたいです!

それに警備員さんが常駐しているのでセキュリティは問題なく、安心して暮らせました。

また、契約がとても簡単だったということです。日本のような細かい審査や書類もなく、簡単に契約できてしまいます。

これについてはまた後日お話したいと思います。

バンコクに移住するならまずは下見!

簡単に契約できるとお話しまいたが、海外で外国人と契約するので、気をつけなければならないこともたくさんあります。

勢いで決めてしまうと後悔する可能性も・・

 

コンドミニアムに自分は住めるのか、そもそもバンコクで暮らせそうか。

一度下見に行って、じっくり判断することが大切です。

サービスアパートメントならば、1泊からでも宿泊できるので、試しに住んでみると良いでしょう。

私は、サービスアパートメント オークウッドレジデンストンロー で宿泊して下見しながら決めました。

Booking,comではアパートで絞って検索できるのでとても便利ですよ!

 

ぜひ、試しに泊まってから、慎重に判断してくださいね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク