宮古島のシウバさんの新店、シナモンカフェに行ってきました!




まだまだオシャレなお店の少ない宮古島に2017年に訪れた新星ともいえるのが、「シナモンカフェ(Cinnamon Cafe de Campane )」まだ、出来立てほやほやの、シナモンカフェにさっそく行ってみました。

宮古島の新しいおしゃれレストラン、シナモンカフェ

シナモンカフェは東京中目黒、自由が丘、鎌倉(長谷)にも店を開いているラヴィアラカンパーニュの宮古島にオープンした新店舗です。

オーナーはフランス人であるシウバ(Silva)さん。Factoryというファッションブランドのデザイナーでもあり、自身のスタイルブックも出しているような、業界では有名な方でいらっしゃいます。

独特の感性で、お店の内装から商品まで全てをコーディネートされているのです。

オープン前から建築しているところを見ていたので、とても楽しみに開店を待っていました。

そして、いよいよオープンしたので、早速行ってみました!

店内と外観はこんな感じ!

東京のお店もとても雰囲気があって、ノスタルジックで、フランスの片田舎のような雰囲気が出ていて好きなのですが、シナモンカフェは少しまた違った雰囲気。

黄色(からし色)の外装が目を引きます。隣のそば屋さん?との対照的な雰囲気が、宮古っぽい感じ。

中は打ちっ放しのコンクリートむき出しな感じがシウバさんっぽい。

そして中庭があって、中にいても外が感じられるような一体感があるので、きもちがいいです。

朝11時ごろに行ったのですが、パンは入り口の棚に少しずつ並び始めていました。




焼きたてのバナナブレッドを買ってみた

まだ切られていなかった、どっしりしたバナナブレッドが気になって買ってみました。

生のバナナは島のバナナなのかしら??

店内ではなく、持ち帰りにしてパイナガマビーチでいただきました。

味は・・うん、知ってる、シウバさんっぽい味。

宮古島の他では食べられないようなパンです。

しかし、正直な感想をいうと、まだ発酵とかいろいろうまく行ってないのかなという印象。

それに、ひと切れ400円くらいしたことを思うと、少しボリュームが足りなかったなあ。

オープンしたばかりだし、これからの変化に期待です!

本当は、ピザのお店です

私は持ち帰りにするために、パンを買って帰りましたが、本当のウリはピザです。

イタリアから来たピザ職人の方が釜で本格ピザを焼いています。

ランチはセットで1500円です。この価格は宮古価格としては高めだけど、観光に来たならぜんぜんアリな範囲だと思います。

まだ食べていないので、こんどピザを食べたらレポートします!

 

ぜひ、宮古島限定のシナモンカフェ、行ってみてくださいね!!

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク