古謝そばを食べてきてみた感想レポ!せっかく来たなら宮古そばを堪能しよう。




宮古島に来たら、一度は食べたい宮古そば!

宮古島に来たら、宮古島ならではの名物を食べてみたいですよね。

宮古島といえば、やっぱり宮古そばでしょう。

でも、沖縄そばと、一体何が違うのでしょうか??

沖縄そばと宮古そばの違い

宮古そばも、沖縄そばの一種です。でも、地元の人からすると、宮古そばと沖縄そばは別のものらしい。

・沖縄そば

沖縄本島全体で食べられるそばのこと。

麺が太めでちぢれ麺なのが特徴、北部の方はきしめんや平麺ということも。

紅しょうがが入っているのも沖縄そばの特徴。

 

・宮古そば

宮古島で食べられるそばのこと。

麺はちぢれのない平麺であることが多い。味は宮古そばの場合はダシの効いた薄味である。

紅しょうがは入っていない。

 

似ているようで、違う沖縄そばと宮古そば。「沖縄で沖縄そばを食べたからいいや」ということではなく、宮古に来たなら宮古そばを食べてみましょう。

 

その、宮古そばですが、宮古島のいろいろな場所で食べることができます。いわゆる食堂的なところはもちろんのこと、居酒屋さんのランチなどで出していたりすることも。

 

中でも一番有名なのが、「古謝そば」です。

古謝そば外観

ずっと行かないでいたのですが、最近やっと行って来ましたので感想のご報告です。

 

古謝そばはどこにあるの?

お店の場所は空港から車で10分程度(4.4km)の距離にあります。

平良の市街地からは、歩いて行くことは無理ではありませんが、30分以上はかかるでしょう。

自転車があれば10分程度で平良の市街地からは到着します。

イオンモール南から近く、イオンまで来たならば歩いても5分程度の場所です。

 

古謝そばのメニュー


お昼でも夜でもメニューは変わりません。

そばセットというのがあり、宮古そば、じゅーしー、日替わりおかず(しりしりやごぼうサラダなど)、もずく(これが美味い)、お漬物、飲み物(コーヒーまたは紅茶)まで付いて来て800円なのです!!!

古謝そば
だいたいのお客さんがセットを頼んでるようでした。

 

宮古そば単品 580円
ソーキそば単品 730円
てびちそば単品 700円

他にも意外なところで

焼きそば 680円
カツ丼  700円

 

などもあります。ちなみに、宮古島の焼きそばは、宮古そばと同じ麺を使っています。お弁当に入っているナポリタンも、宮古そばと同じ麺でびっくりしたことがあります。笑

お味は・・?

そして、肝心のお味ですが、薄味ですがダシが効いていて、スープが美味しかった。


ジューシーなども味は薄めの印象。逆に手作り感があって安心します。

おそばは固めですが、これはお店にもよるみたいです。

地元の人いわく、他の店で食べた方が美味しいとのことで、主に観光客向きにやっている感じなのだそう。

たしかに、超おいしい!!ってわけではなかったけど、沖縄そばだし・・・
好きな人は好きでしょう。

上に乗っているソーキが美味しかったから、こんどはソーキそばにしようかな?とも思います。

私個人としては、すぐに行こうとは思わないけれど、店はきれいだし、店員さんもテキパキしていて感じが良いし、お店が潤っている感じがよかったです。

さくっと食べたいときにはまた行ってみようかな。

古謝そばは待ち時間覚悟で行こう!


ちなみに私は開店と同時に行きましたが、すぐに他のお客さんたちも続いて入って来て、15分後には満席になっていました。

その後に来たお客さんたちは、外で待たされていたので、早く来てよかったと思いました。

私の知人が行ったときも、やはり30分待ちだったそうです。

かなりの人気店なので、待つのは覚悟しましょう。

 

店の外まで行列で並ぶというほどの状況ではなかったけれど、夏場のピークなどはもっとすごいでしょう。

待ちたくないならば、開店と同時に行くか、夜を狙って行きましょう。

宮古島に来たら古謝そばに行ってみよう


宮古島って、これといって美味しいというお店がありません。外観的にも沖縄らしさを感じられて綺麗なお店って少ないように感じます。そんな中でも、古謝そばは外観と内装も整っていて、総合得点が高めのお店です。

特に、SNSとかにあげるならば、古謝そばのセットがおすすめです。

なかなか東京では味わうことができないものだから、ぜひ老舗に一度は足を運んでみてくださいね。

 

 

古謝そば

平良字下里1517-1

TEL: 0980-72-3421

URL:http://www.kojasoba.com/index.html




スポンサーリンク
スポンサーリンク