宮古島マンゴーは島のどこで食べられる?どこで買える?




マンゴーというと宮崎県が有名ではありますが、実は宮古島のマンゴーも引けを取らないレベルに美味しいのです。

都内で買おうとしたら何千円もしてしまうような、超高級品ですが宮古島ならば産地だからこそお安く、しかも新鮮な状態で楽しめます。

宮古島といえばマンゴーを食べずには帰れない!!!

いざ、宮古島に来たらマンゴーをどこで買うべきか、どこで食べられるのか、あらかじめ知っておくと悔しい思いをせずに済むかもしれませんよ?

宮古島のマンゴーがいま熱いのを知ってますか?!

国産マンゴーといえば、宮崎が有名ですが、実は宮古島もマンゴーの特産地だというのは知られていないかもしれません。

宮古島の強い太陽、良質な土地、澄み切った空気。
これが宮古島産マンゴーが美味しい理由です。

実は生産量は全国トップ!!!

平成25年のデータによれば市町村別のマンゴー生産高は、宮古島がトップ。

 

1位 沖縄県宮古島市 604トン
2位 宮崎県宮崎市 366トン
3位 宮崎県西都市 276トン

 

宮古島は、環境が素晴らしくマンゴーに合っているということから、近年マンゴーの生産に力を入れるようになったんです。

 

宮古島のマンゴーの特徴は味と香り!

マンゴーといっても、フィリピン産やタイ産のものとは全く違います。

やっぱり国産だけに、舌の肥えた日本人には宮古島産のものの方が絶対に美味しい。

宮古島のマンゴーの特徴は主に次の3つ

 

  • 土壌がマンゴーにぴったり

宮古島って実はサンゴで全体ができているような島なんですね。サンゴには豊富なカルシウムなどのミネラルがたっぷり含まれているので、宮古島の水や土もミネラルたっぷりなのです。

ミネラルが豊富なアルカリ性の土壌はマンゴーを完熟させるのにぴったり。土が違うから、宮古島のマンゴーは他の国産と比べてもジューシーなんです!

 

  • 太陽のエネルギーがいっぱい

マンゴーが甘く熟すには、自然の太陽の力が必要です。この宮古島は、来てみればわかる通り、ものすごい日光の強さです。日光の力と暖かい気候を利用して、マンゴーを育てているのです。つまり、余計な人の手をほとんど借りることなく、なるべく自然に近い形でマンゴーが育つということです。

 

  • 農家さんの情熱がこもっている

マンゴーで島おこしをしようという狙いもあり、マンゴー農家さんはとても頑張っています。宮古島は台風も来るし、梅雨もありますが、負けずに農家さんが育ててくれているのです。

 

どんなマンゴーの種類があるの?

宮古島のマンゴーといっても種類がいくつかあります。店先で迷わないようにあらかじめ知っておくとマンゴーを買い求めやすくなるでしょう。

 

アーウィン(アップルマンゴー)

旬の時期;6月〜8月上旬まで

特徴:程よい酸味と濃厚な甘さ、とろけるような食感。赤い皮でまるで林檎のようです。

 

キーツマンゴー

旬の時期;7月下旬〜9月まで

特徴:完熟しても皮が緑色のままなのが特徴。サイズの大きさはナンバーワン

 

ミニマンゴー

旬の時期:6月〜7月中旬まで
びわくらいの大きさの小さなマンゴー。アーウィン種が小さな実のまま熟したものなので、小さなアップルマンゴーのよう。

見つけたら即買い!まぼろしのマンゴーとは?!

宮古島のマンゴーにもピンからキリまであります。まあ、キリはほとんどないのですが・・・

特に、高級なマンゴーになると、市場でもショーケースに入れられているほど。

1つ5000円以上ということも。品種を知っておきましょう。

・夏小紅
・玉文
・てぃらら

これらは高級品ですが、本土ではなかなか手に入らないでしょうから、見つけたら買って帰ったら贈り物としてはとても喜ばれそうですね。

 

マンゴーはどこで買える?

種類がわかったところで、マンゴーをどこで買ったら良いのかも知っておきたいですよね。マンゴーの購入場所をご紹介します。

農家さん直売

マンゴー農園に行って直接買うのが一番お得だし、おすすめです。農園によっては試食することも可能です。運がよければオマケしてもらえるかもしれませんよ〜!

島の駅みやこ

宮古島に来たならば絶対に寄りたいのが市場です。その中でも私がおすすめなのは島の駅みやこです。

島の駅みやこではマンゴー共和国というイベントを開催するほどの力の入れっぷり。共和国への入国カードをゲットすれば割引価格でマンゴーを購入できるのです。

売られているマンゴーの種類も豊富です。安いものだと1つ1000円から、高級なものだと6000円を超えるようなマンゴーがガラスケースに並んでいます。

他にも、ワイドー市場、あたらす市場でもマンゴーを購入することができますよ。

イオンタウン マックスバリュ

マックスバリュにもマンゴーは置いてあります。ただし品数は少なめで、結構お値段も張るので市場の方がおすすめかも・・

サンエー

沖縄のスーパーといえばサンエー!!なんと那覇などにも展開しているサンエーは、宮古島発祥なのだとか。

サンエーは庶民的なスーパーですが、質の良いマンゴーがご当地価格で売っているので穴場です。宮古島にはサンエーが3店舗あります。

郵便局

実は意外と穴場なのが郵便局のギフトパック。その場で買って帰ることはできませんが、自宅や家族、友達に送るのであればおすすめです。送料を含めても市場で買うよりも若干お安くなるのではないかと思います。

空港

シーズンになれば空港でもマンゴーが売られています。最後の最後に、買い忘れた!やっぱり買っておきたい!という時に便利です。ただし割高になるはずなので、できれば市内で買っておきましょう。

買い忘れたら通販でも買える!

もし、現地で買えなかったり、買い忘れてしまったならば、通販で買ってしまいましょう。宮古島のマンゴー直送でお得です。

 

もぎたて!沖縄県宮古島産!秀品マンゴー1kg(2〜3玉)マンゴーの収穫量日本一の宮古島より直送!!【送料無料】【お中元】【贈答】【夏フルーツ】

 

マンゴーを買ってお土産にしよう

なかなか本土では買う事ができない宮古島マンゴー。ぜひ宮古島に夏に来たならば味わって、お土産にも買って帰るのがおすすめです。食べてみればわかるのですが、本当にジューシーでおいしいのです。ケーキとか特別なものはいりません。
フレッシュなマンゴーを味わってみてくださいね!!

スポンサーリンク
スポンサーリンク