どの宮古島ガイドブックがおすすめ?現地でフリーペーパーもゲットすべし




旅行といえばガイドブック!

旅行を決めたらとりあえずまずはガイドブックを買って・・・ という人も多いと思います。

どんな見所があるのか、どんなお土産があるのか?

など、簡潔にわかりやすくまとめてくれているだけでなく、いろいろな隠れスポットなどを探すのも楽しいですよね。

ガイドブックを眺めている時から、すでに旅行が始まっているような感じがします。

宮古島のガイドブックは買わなくても良い?!

宮古島では無計画にのんびりと過ごしませんか?

宮古島に来る時もガイドブックを購入することを考えるでしょう。

るるぶ、まっぷるなど、定番のガイドブックを買っておけば、確かに予習はバッチリ。

でも、ガイドブックに頼らない旅っていうのも楽しいのです。

どんな場所なのか、行くまでよく知らない。

そんな状態で行った方が、ワクワクしませんか?

実は宮古島は、例えば京都や東京などのように、見所の選択肢が多いわけではありません。

これを見ておけば、というのは「きれいな海」「伊良部大橋」「まもる君」で、正直なところそれほど大きな島ではないし、見所が多いわけではないのです。

宮古島に来る時に下調べはしなくても大丈夫

他にも知られざるポイントはいっぱいあるし、海の絶景ポイントも1日、2日では味わいきれないほど沢山ありますが、最低限これを見ておけばという場所も少ないし、この店でこれを食べよう!というのも選択肢は多くないのです。
だから、特に前もって下調べしてくる必要はあまりないでしょう。

もちろん、これは長期滞在だった時の場合であり、3日しかないのなら予め大方の予定は立てておいた方が安心です。

宮古島は小さい島とはいえ、意外と広いわけです。車で1周しても3時間はかかるので、甘くみてはいけない広さです。

でも、ゆったり、宮古島にのんびりしにくるならば、来てから予定を立てても別に遅くありません。

むしろ、宮古島って、そういう感覚で来るべきところだと思います。

せかせかした日々を忘れて、のんびり暮らすように旅するのが宮古島らしい過ごし方でしょう。

宮古島のガイドブックは無料で現地調達しよう

ガイドブックはなんと現地で調達することができます!

しかも、無料で!!!

  • グルメ情報
  • ダイビング・シュノーケル・ウミガメツアーなどのお得な情報
  • ホテル・マンスリーマンション情報
  • 観光地案内
  • お土産情報

などなど、これは知りたい!という情報がどの情報誌にもたくさん掲載されています。これがあれば、むしろガイドブックは買わなくても十分なのでは?!と思います。

次の3種類があり、それぞれ少しずつ違う情報が載っているので、見かけたら手に入れましょう。

観光ガイドブック宮古島(年発行)

観光ガイドブック宮古島

一番、ベーシックな情報が載っている情報誌。巻頭に見やすいマップが付いているので地図としても便利。また、スマホサイト「宮古島ねっと」とのリンクがあるので、お店情報の検索も楽ちんです。

すごいのは英語、中国語、台湾、韓国語にも対応しているということ。

入手場所:空港、ホテルラブニール(しゃぶ庵)店頭

宮古島BBcom(月刊)

宮古島BBcom

宮古島についてダイビング、シュノーケルなどショップ情報なども載っているが、主にはグルメ情報。
飲食店のクーポンもいっぱい付いているので、お得な情報をゲットしよう

月刊誌なので新しいお店もいち早く載っています。最新情報をチェックするならばこちらがおすすめ。

ちなみに、地元の人たちも宮古島BBcomを愛読しているみたいです。東京で使われてるホットペッパーみたいな感じ。

入手場所:

空港、ホテルラブニール(しゃぶ庵)店頭

 

たのしま みやこ島(年4回)

春夏秋冬のシーズン毎に発行されている情報誌
時期毎に特集が組まれているので、要チェックです。
おすすめ宮古島コースなども紹介されているので参考にしてみましょう。

入手場所:

空港、ホテルラブニール(しゃぶ庵)店頭

事前に買うならこのガイドブック!3選。

ただ、現地でゲットできるとはいえ、事前に下調べもやっぱり大事!!!
こちらの3冊のガイドブックが宮古島を調べるのにおすすめです。

まだ重たい本持って旅行してるの?るるぶならネットで読める!!

旅行ガイドブックとして有名なるるぶ。情報量が豊富で嬉しいのですが、重くてサイズも大きいからかさばりがちですよね。

ガイドブック持ってウロウロ・・なんて旅行者丸出しで、ちょっとかっこわるい。

 

しかし、今は便利になり、るるぶはネットで読むことができます!

ブック放題ならば、るるぶ100冊以上を読み放題。

しかも、漫画も20000冊以上読み放題で、なんと月に500円なのです。

るるぶって、普通に買うと900円します。しかも旅行が終わったら、大抵は読み直しませんよね。だったら、ネットで旅行の前と旅行中だけ、存分に読めたら十分だと思いませんか?

スマホでもタブレットでも十分に読むことができます。

しかも、初月無料のキャンペーン中です。宮古島旅行のこの機会に利用してみてはいかがでしょうか。

マンガ20,000冊以上、雑誌170誌以上、旅行ガイド「るるぶ」100冊以上!
まずは1か月無料でお試し【ブック放題】

宮古島はガイドブックなしでのんびり過ごすのもアリ

美味しいお店、気になる観光名所、名物などを知って、あれこれとレンタカーで巡るのもいいけれど、
たまには忙しく動くのを忘れて、のんびりと、流れるままに過ごすのも悪くありません。

宮古島はゆったり、のんびりした空気が流れている場所です。
普段のようなスケジュールに追われる生活は少し離れて、行き当たりばったりの旅をしてみてはいかがでしょうか?

そんな旅ができるのも、長期滞在ならでは、、です。

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク