雨の日でも遊べる!宮古島のおすすめ観光スポット3つをご紹介します




宮古島にせっかく旅行で来たのに、雨が降ってしまった・・・宮古島は意外と雨やどんより天気のことが多いので晴れるとは限りません。

晴れていれば海に行ったり景色の写真を撮ったりできますが、雨が降ったらどこに行けばよいのでしょうか?

今回は雨の日の宮古島でも楽しめる観光スポットを3つご紹介します!また、逆にここは行ってもしょうがないかもという場所もお教えします。

万が一、宮古島旅行で雨が降ってしまったら

宮古島といえば「青い海」です。

特に大きな観光名所があるわけでもないので、最大の見所といえば青い美しい海になります。

でも海の青さというのは透明感だけではなく、空の青さを映しているもの。

当然曇り空の日の海は、どこかどんよりとして、真っ青な「宮古ブルー」とはいえないような色になってしまいます。

真夏であれば曇っていても海で泳んで遊ぶことができますが、海で遊べない時期や海に入らない方の場合は雨や曇りの日の海ではちょっと意味合いが弱くなってしまいます。

だったら方向転換で、雨でも遊べる観光スポットがおすすめです。

雨でも楽しめる宮古島の観光スポットをご紹介します。

宮古島市熱帯植物園&体験工芸村

熱帯植物園はいろいろな場所にありますが、宮古島はそもそも亜熱帯性気候なので、外の公園が植物園になっています。

雨だともちろん植物園を見物するのは難しいのですが、曇っている程度であれば十分に楽しむことができます。

むしろ暑くないので曇っているくらいのほうが丁度よいかもしれません。

そして、雨でも楽しめるのが「体験工芸村」です。

  • 染め物工房
  • 宮古島織物工房
  • チガヤ工房
  • 貝殻工房
  • 陶芸工房
  • 牛の角・島ぞうり工房
  • 琉球衣装・琉球万華鏡工房
  • 郷土料理工房
  • 宮古島乗馬工房

があります。

インスタ映えでおすすめならば、「琉装」ができる体験工房がおすすめ。琉球伝統のコスチュームを来て、写真を撮ることができます。男女問わず衣装は選ぶことができますよ。

また、他におすすめなのは

 

 

シーサーを作れる陶芸工房

お守りともいわれる牛の角のアクセサリーを作れる牛の角体験工房

です。いずれも2000-3000円で1時間−2時間程度あれば作ることができます。

宮古島の思い出の品を作ってみてはいかがでしょうか?

ちなみにシーサーづくりは、他にも「シーサーモノガタリ」さんで作ることができますよ。

植物園と体験工芸村についてのレポはこちら

体験工芸村

〒906-0000
沖縄県宮古島市平良東仲宗根添1166−286
0980-73-4111
090-2961-4111

http://miyakotaiken.com/

 

宮古島海中公園

海に潜るのはちょっと面倒、もしくは天気が悪い・寒いから海に入れないという時には「海中公園」がおすすめです。

海に潜ったことがある方にはちょっと物足りない感じが否めまいかもしれませんが

  • スキューバやダイビング経験がない方
  • 海が苦手な方
  • 気軽に海の中をのぞいてみたい方

には結構おすすめです。

階段で降りて行くと広めの空間に窓があり、そこから魚を眺めることができます。

引き潮の時よりも満潮の時間帯に行った方が魚が多いと聞きました。

などの魚を見ることができます。

カフェで食べた紅芋ソフトもおいしかったです。

宮古島海中公園

〒906-0002 沖縄県宮古島市平良字狩俣2511-1
TEL 0980-74-6335
FAX 0980-74-6331

年中無休 10:00-18:00

入場料 大人1000円 中人800円 小人500円 6歳未満無料

 

宮古島海宝館

 

雨が降ったらここしかない!とも言われるくらい、雨天でも遊べるのが宮古島海宝館です。

海宝館周辺は「アソビタウン」と名付けられていて、

  • シェルミュージアム
  • パンプキンホールと呼ばれる鍾乳洞
  • 貝細工体験
  • 竜宮のほこら

さらに足を伸ばせば東平安名崎にも行くことができる距離です。

まもる君とまるこちゃんの顔はめパネルで写真を撮ればSNS向きにも思い出にもなります。

宮古島 海宝館

〒906-0101 沖縄県宮古島市城辺字保良591-1
TEL 0980-77-2323 FAX 0980-77-2010
営業時間  9:00~17:00 (年中無休)

雨の日は行っても良さが半減のスポット

せっかく来たんだから・・ということで雨でも頑張って観光したくなってしまうものですが、やっぱり雨だと意味がないよーという場所をご紹介します。

伊良部大橋

晴れた日の伊良部大橋は橋の手前から橋のてっぺんの部分まで、至るところに観光客がいます。

しかし、雨が降ったときは伊良部大橋にいっても青い海を見ることはなかなか難しいです。

決して行っても無駄とまではいいませんが、伊良部大橋を車で走るだけでも十分かもしれません。

うえのドイツ村

雨の日でも全く楽しめないわけではなく、曇りならば行っても楽しめるとは思います。

しかし、行ってみて思ったのはドイツ村の見所は「海を含めた景観」だったことです。

海がきれいじゃないとドイツ村のドイツ建築と融合された美しい景観は十分に楽しめないかもしれません。

雨でも楽しめる屋内施設もあるので、時間が余ってしまったという方は足を伸ばしてみてはいかがでしょうか?

ドイツ文化村に行ったときのレポートはこちら

大神島

最近パワースポット人気もあって訪れる方が増えているという大神島

大神島は基本的に建物がありません。雨避けになるような場所はおぷゆう食堂くらいです。

曇りであれば展望台に登ったり、周囲を散策したりすることはできますが、雨で行くのはあまりオススメはできません。

宮古島には他にも来間島や池間島、伊良部島がありますが、雨でも来間島や伊良部島であれば立ち寄れる場所も多いので楽しめるのではないかと思います。

番外編

海で泳げなくても貝拾い・サンゴ集めなどをして過ごすこともできるので海を諦める必要はありません。

シギラリゾートにある黄金温泉に行くというのも手です。

また、もう宮古島であること関係なしに遊ぶならば、「ボーリング」「卓球」「カラオケ」などもあります。楽しい仲間や友達と行くならそれもあり。

小さな映画館「パニパニシネマ」も結構いい思い出になるかも。

宮古島の島の人の生活を味わうような過ごし方も記念になるはずです。

まとめ

宮古島に来て雨が降ってしまっても楽しめる場所はたくさんあります。確かに雨が降って綺麗な海が見れなかったり、海で遊べないのは残念ではありますが、他にも宮古島を感じられるスポットはあるので行ってみてください。宮古島の歴史や文化に触れることができて、宮古島の海以外の魅力を知ることでもっと好きになるはずですよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク