砂山ビーチの絶景を見なければ帰れない!徒歩で自転車で行ってみた感想レポ




宮古島には数多くの美しいビーチ、海岸があります。与那覇前浜ビーチ、吉野海岸、イムギャーマリンガーデン、新城海岸、伊良部島の佐和田の浜などなど。

どれも特徴があって、一番美しいというのは非常に決めがたいところですが、写真に収めてSNSに上げたときの反響の大きさを考えるならば、外せないのは「砂山ビーチ」です。

砂山ビーチ。宮古島で一番写真に収めたいビーチといえばここ!

砂山ビーチへのアクセスは?

砂山ビーチ

砂山ビーチは宮古島の北西部にあります。市内からは車で15分程度といったところでしょうか。決して遠くはありません。

市街地から4kmの距離にあります。

そこまで、普通の方は車で行くのが一般的、所要時間は15分です。

でも、私たち夫婦は車を運転することができないので、平良市街地から自転車と徒歩両方で行ってきました。

徒歩で行ってきました

まず、徒歩で行ったときの体験談です。

平良市街地(市役所前)から徒歩で砂山ビーチまで向かいました。

天候は晴れ、気温は32度程度でした。

まず平良港の方へ、坂をまっすぐ市役所から下って行き、右折します。
そのまましばらく直進です。

ひたすらまっすぐ、上り坂を含めて10分くらい歩くと、3叉路が現れます。
砂山ビーチという標識が現れるので、その方向に従って、左に曲がります。

しばらく住宅街が続きます。この辺り、なんか雰囲気いいなあとか考えながら、ひたすら歩きます。
もちろん木陰はありません。だんだんと、暑さが身にしみてきつくなってくる頃です。

 

三叉路から5分程度歩くと、民家にお弁当ののぼりが立っているのを発見しました。
どうやら、その家の方が販売している手作りお弁当。かなり盛りだくさんの内容で、即決で購入。
たしか400円くらいでした。

とても美味しかったです。沖縄らしいゴーヤチャンプルーや糸こんにゃくなど入っていて、しっかりとした味付けでボリューミー。

このお弁当を買うために砂山ビーチにまた来ようと思うくらいでした。

 

さらに砂山ビーチへ向かいます。
持って来ていた1Lのルイボスティーを飲み干しそうになったので、途中の自動販売機でお茶を追加購入。

 

それから、ひたすら歩くこと20分くらいでしょうか。やっと砂山ビーチに到着です。

感想としては、やっぱり歩くのはちょっとキツイ・・。行きは良くても帰りがきつかった。
帰りは砂山ビーチ特有の登山もあるので、体力を温存しておかないと倒れます。

ちなみに所要時間は片道50分から1時間くらいを見てください。

自転車で行く方法

最初に歩いて行ってしまった、私たちにしてみれば、余裕しゃくしゃくでした。
自転車が運動にもなるし、距離的にもちょうど良いかな?という感じです。

砂山ビーチに向かう途中の三叉路までは上り坂になるので、少しキツイですが、距離はそこまで長くありません。
平良の宮古市役所から、自転車ならば20分程度で着くでしょう。

自転車で行くのは、普通に体力がある人ならば問題ないと思います。
ただし暑い日は水分補給は必須です。

砂山ビーチってどんなビーチ?

行き方をチェックしたところで、いよいよ砂山ビーチってどんな所なのか紹介します。

砂山ビーチは幅が70mでアーチ状の美しい形をした砂浜です。
急な砂の坂道を下った先にあるので、途中から見る景色も圧巻です。

砂山ビーチの名所といえば、左側にある岩の洞窟です。侵食が進んでいて崩壊の恐れもあるため近寄る時は気をつけてくださいね。

 

とにかく景観の美しさでは宮古島観光で外すことのできない名所と言えます。

 

砂山ビーチは泳ぐには危険?!


美しく、魚も見ることができるビーチではありますが、泳ぐのは少し危険という意見もあります。

実は、地元の人は、砂山ビーチは事故が起こりやすく、サメが出たこともあるので、泳ぐ場所としてはあまり好んで行かない場所のようです。

 

実際に私が行った日も、とても風が強く波が高かったので、怖いと感じました。
右から左に流されるだけなら良いのですが、岩場やサンゴで波が四方八方からくるので、体をコントロールしにくいのです。

しかも、ちょうど真ん中らへんに大きな岩があるので、体を打ち付けられてしまったらという怖さもあります。

 

守ってはくれない!泳ぐのは自己責任で

砂山ビーチはもちろん泳ぐこともできるし、おすすめのビーチではありますが、
安全を確認しながら責任を持って泳ぎましょうね。

ちなみにライフセーバーはいません。物売りのおじさんが座っているだけなので、
何かあっても助けてくれないと思ったほうが良いです。

砂山ビーチに行くのはタイミングを考えて


砂山ビーチに行くときは、まずは天気をよく確認しておきましょう。
やっぱり絶景を写真に収めるならば、晴れた日の方が格段に良い写真が撮れるからです。

あと、シュノーケルなどを楽しむなら、海が荒れている日は避けることです。
台風の後は命取りにもなりかねないので、避けましょう。

 

市内からは自転車でも行くことは可能ですが、やっぱり砂山までは車の方が断然楽です。ビーチから戻る時に体力が残ってないなんてことのないように、無理しないで行きましょう。

 

 

とにかく美しく、息を飲むような光景が広がる砂山ビーチ。
ぜひ訪れてみてくださいね。
格安航空券の購入はこちらがおすすめ
ANA・JALの国内線予約
(那覇乗り換えも検索してみてくださいね)

沖縄のホテル宿泊は
地元旅行会社で失敗しないホテル選びを!OTSホテル

最低価格保証でお得なホテル予約はこちら!

スポンサーリンク
スポンサーリンク